作成者別アーカイブ: techmoody

無修正オナニー

無修正オナニーの動画だったらいくつかまだ保存してあると思う。
別に流出させようとか拡散させようなんて意図はないよ。
ただ、なんとなく消せないまま持ってるだけ。
昔、ちょっとの間付き合ってた子のやつなんだけどね。
別に好きじゃなかったけど、向こうからすり寄って来て、その時俺もフリーだったから、遊びで付き合ってただけ。
それで、無修正オナニー撮らせてよ、なんてふざけて言ったら、本当にしてくれたの。
無修正オナニーなんて別に興味なかったんだけど、そういうことでも言ったら俺に幻滅してくれるかなと思っただけ。
だけど、快くオナニー披露してくれて、それを録画して保存してあるだけだよ。
まぁ、何でも言うこと聞くんだなと逆に怖くなったけどね~。
別にオナ指示もしなかったし、「いつもしてるようにしてくれればいいから」なんて言いながら、じーっと撮ってただけ。
オフパコ
「キレイに撮ってね」なんて言ってたけど、何なんだろうね。
好きな男のためなら、こういうこと平気で出来ちゃう女の子ってなんか怖いよ。
お言葉に甘えて、股の間なんかも撮らせてもらったし、クリ刺激してるところとか、あんあん言ってるところとか・・・。
んで、フェラしてくれてるところとかも全部撮った。ハメ撮りもしたし。
俺が流出させちゃったりしたらどうするつもりなんだろうってこっちの方が怖くなったけどね。
このまま付き合うつもりなかったから、使い捨てのつもりで色んな要求出しちゃったけど、嫌がらずに全部やってくれてたな。
別れる時も、雰囲気察してくれて、あっさり別れてくれたし。
ああいう子ってそういう扱いに慣れてるのかな。
女性のオナニー
オナニー鑑賞

セフレ掲示板

セフレ掲示板でやり取りしてた女と会う話になった時に、向こうの女が「もう一人お友達連れて行ってもいいですか?」って言ってきたのね。
初回は心配だから、一人じゃ心細い、ただの顔合わせ程度のつもりなのかなって思って、別にいいですよって答えた。
セフレ掲示板でこういうの珍しいけど、ない話じゃないのかと思って、フツーに受け入れたわけ。
待ち合わせ場所で、女二人して待っててさ。
それも、雰囲気見てたらすぐ分かったけど、その女二人、レズなんだよね。
ペアルック的な服装してたし。
時計とか、スマホとかお揃いでさ。
あー、そういう二人なんだなとすぐに分かった。
だけど、レズビアンのカップルがセフレ掲示板に何の用?って思うだろ。
男になんか用ないだろ、あいつら。
一応、声かけて、成り行きに任せてみたんだけど、フツーにホテルに入りましたね。
何が行われるんだろう?と思ったら・・・
童貞卒業を体験したばかりの裏垢のフォロワーに教えを乞う
まさかの3Pでした!
セフレ掲示板で3Pなんてラッキーじゃん、と思う男もいるかもしれないが、その女二人がレズだった場合、ラッキーとかそういう話じゃないよ?
レズ二人のイチャイチャにただの肉棒として使われる屈辱感を知れ!と思うよ?マジで。
なんなの、俺?ただの道具か?って。
俺の横で女二人がイチャイチャして、胸とか触りあって、アハンアハンしてるのに、俺一人蚊帳の外。
で、肉棒だけ使わせてもらいますーってことなわけよ。
はぁ?って思うだろ。
なんかよくよく考えると、肉棒だけが欲しいってされると、男って屈辱を覚える生き物なんだな。
セフレ掲示板
セフレの作り方

アナル舐め

 七海は、年齢が26歳。
地元の保育園で働いている女の子です。
出会いのない保育士という仕事柄か、性的な不満を極度に溜め込んでいたようです。
だからなのか、セックスにNG無しな部分がありました。
女の子によっては、アナルは絶対ダメっていう子もいますからね。
でも、七海はそんな事がありませんでした。
たっぷりとアナル舐めしてやった後、アナルセックスも楽しめました。

 土屋太鳳を童顔にしたような七海は、なかなか魅力的な女の子でした。
肉付きの良い男心をそそる肉体の持ち主。
この体を持て余しているのかと思うと、何だかゾクゾクしてしまったものです。
カフェでコーヒーを飲みながら、しばらくは談笑しました。
「怖くないかい?」
「はい、大丈夫」
「なら、そろそろ行こうか」
「は・い・」
初対面で、いきなりセックスをすることになりました。

 大きめのお尻も大変綺麗で、セクシーさを感じます。
フレアのミニスカをまくり上げ、パンツの上から尻を撫でまわしていきました。
そしてパンツを下げる。
尻を広げると、愛らしいアナルや、卑猥そのもののオマンコが顔を覗かせます。
まだ何もしていない状態なのに、オマンコは汁を溢れさせているのです。
「マン汁が、早くも出ちゃってるんだね。いやらしい女の子だ」
「恥ずかしいです…」
「アナル舐めをしっかりやってやるな」
「は・・は・い・・・」
尻に顔を近づけると、洗っていないアナルからは、微かな悪臭が。
こういう部分も興奮材料だったりします。
相互オナニー希望の男性とskype交換をして初めてのエロイプ
アナル舐めを始めて行くと彼女「あ…いや…そこ、汚いよ、あああん」と、悦楽の声を出し始めたのでした。
ベロベロと、アナル舐めを続けていく。
彼女の体に、鳥肌が立ち始めます。
オマンコから、たっぷり汁が溢れ出す。
今度はクリちゃんをしっかりと舐めまわして行く。
体を震わせながら、肉体の快楽に身を投じて行く七海。
形の良い乳房をモミモミ。
指でクリちゃんをソフトに刺激。
膣に指を挿れ、締め付けを確認してみました。
まずはオマンコの穴からの味見。
挿入を開始して、前後に動かしていく。
七海は快楽に身をよじらせ、とても激しい声を出していました。
ひとしきりオマンコの中で楽しんだ後、メインであるアナルセックス。
ローションを塗り、彼女のケツの穴に挿れました。
初めてというアナルセックスだったのですが、七海はバッチリと感じてくれました。
激しくアナルで動かしまくり、たっぷりとザーメンを注ぎ込んでやれました。
中イキ
クリ責め